不織布製品の企画・製造・卸売り  ▶ホーム ▶お問合せ ▶サイトマップ
株式会社アサクラ

  • このサイト内を検索
クリーニングカバーに不織布が最適なワケ
ホームはこちらアサクラの特徴取り扱い商品会社情報お問合せはこちらからネットショップ
ホーム不織布の豆知識>クリーニングカバーに不織布が最適なワケ  
アサコちゃん豆知識そもそも、不織布とはなんですか?アク取りをするとなぜヘルシーなのか?クリーニングカバーに不織布が最適なワケ不織布は洗えるの?不織布は食品衛生上、問題ありませんか?ノーバインダー不織布って何?不織布には通気性がありますか? クリーニングカバーに不織布が最適なワケ
 

皆さんはクリーニング店をよく利用されますか?
衣替えの時期などに利用される方も多いと思いますが、せっかくクリーニングした服をタンスやボックスにそのまま仕舞ってしまい半年後に出した時にはカビが生えていた・・・なんてご経験はありませんか?

 

クリーニング業界の認識では、あくまでも現在のフィルム製のカバーはお客様にお渡しするまでの埃よけの簡易包装にしか過ぎません。ですから、カバーなどには『PE袋などから速やかに衣類を出して収納してください』などの注意事項の印刷、またはシールを貼り付けて有ります。

クリーニング出来上がった衣類には溶剤や湿気が含まれています。ですから速やかに衣類を出して収納する事が常識となっています。

ついつい面倒なので、そのまま収納してしまいます。残念ながら私も過去に二度ほど背広とコートで経験を致しました。

では何故、不織布のカバーが良いのかと言いますと、不織布には通気性が有り、溶剤や湿気を自然に外に出してくれますので、カバー内に湿気がこもりません。また、湿気の多い梅雨時期なども湿気を自然に吸放出しますのでカビ防止に最適です。

 

現在市場の数パーセントしか不織布製のカバーが利用されていないのが実情です。フィルムより不織布素材の価格が高い事とカバー生産性がフィルムより劣りますので、トータルコストが上がります。良い事はクリーニング屋さんも十分に分かっていますが、利用率がアップしません。高品位のクリーニング店さんや抗菌などの特殊クリーニング店様に利用されているのが現状です。

片面不織布の洋服カバー


 
アサクラのwebページアサクラwebホーム既製品炭袋ネットショップinstagramアサクラのwebアサクラの特徴アパレル工業用ワイパー不織布の豆知識アサコちゃんねるアサクラのweb取り扱い商品包材プリンタブルシリーズアサコちゃんの部屋スタッフブログアサクラのweb会社情報生活日用雑貨原反サンプル帳twitterお問い合わせアサクラのwebオーダーメイドCD袋アサクラのWEBFace bookスマートフォンサイトアサクラweb
Copyright © 2019 ASAKURA CO.,LTD All Rights Reserved.